苫小牧で注文住宅を建てようと検討している方必見!口コミで評判のハウスメーカー・工務店を徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

注文住宅の工法の種類別のメリットを解説

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/24


夢のマイホームを手に入れるのは簡単なことではありません。マイホームを作る際は、目的を明確にしたうえで計画を進めていきたいものです。家は外観や広さも考慮しながら、安全面を重視した家づくりを心がけましょう。まずは建物の構造や工法の種類について学ぶことからはじめてください。この記事では、工法別のメリットを紹介します。

住まい選びは住む人の安全を第一としよう

近年多発する自然災害は、地域住民に甚大な被害を発生させました。中でも地震により大切な我が家を失った人が多くおり、メディアに映し出された倒壊した建物の記憶は新しいところでしょう。このような理由から、近年では建物に対する耐震性や耐久性に関心を寄せる人が急増しています。

住まい選びでは数多くの選択肢から目的に合うものを選ぶことが必要ですが、まずは安全性を最優先としましょう。家族が安心して暮せる家を手に入れるためには、建築工法の種類を選べる注文住宅を建てるのがおすすめです。そして、注文住宅は高いというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

きちんと予算配分をすることで、満足のいく家を手に入れることができるでしょう。中にはローコスト住宅を得意とする業者もいるので、諦めずに探すことが必要です。苫小牧には注文住宅を手がけるハウスメーカーや工務店が数多くあるので、気軽に相談してみましょう。

さらに、苫小牧には各業者が運営する住宅展示場があります。住宅展示場には魅力的なデザインのモデルハウスが複数建ち並んでいるので、理想的な家を見つけられるでしょう。興味のあるモデルハウスを見つけたら、スタッフから詳しい説明を聞いてください。

最初は専門用語が多くわかりにくいかもしれませんが、何度か聞いているうちに、理解できるようになるでしょう。そして、住宅展示場では休日を中心に各種イベントなどが実施されているので、積極的に利用するのが得策です。イベントを通じて建物の構造や工法について学ぶことができます。

地震の揺れに強い家づくりをしよう

何度も発生する地震に対して、政府は必要に応じて建築基準法を改正しています。新築住宅はこのような基準を満たした家なので、それなりに安全性を備えていると考えられるでしょう。しかし、古い住宅の中には耐震性に問題がある家も少なくありません。昭和56年以前に建てられた中古住宅の購入を検討しているなら、耐震補強工事をした方が無難です。

そしてこれから発生するかもしれない大地震への備えは、充分過ぎるということはありません。各ハウスメーカーや工務店では、独自に開発した建築工法をもっています。それぞれの工法を理解するためにも、建物の耐震性における基本的な種類についてだけでも知っておくことが必要でしょう。

まず耐力壁などを使用することで、建物自体を頑丈にするのが耐震工法です。この工法は1階よりも2階の方が揺れに強く、住人が避難できるまで持ちこたえられることが前提となっています。

そして、各階ごとにダンパーなどの制震部材を取り付けることで揺れをおさえるのが制震工法です。高層階の揺れもある程度おさえられるのがメリットでしょう。

免震工法は、建物と基礎部分の間に積層ゴムを入れることで、上階に揺れを伝えないようにできます。この工法は躯体そのものが損傷する可能性が極めて低く、家具が転倒するという心配もありません。

これら3種類の工法はすべて震度6程度の地震が発生した場合の被害を想定したものなので、建物の耐震性能を考えるうえでとても重要です。

家づくりはパートナーの存在が大きく影響します

苫小牧で理想的な注文住宅を建てたいなら、親身になって相談に応じてくれるハウスメーカーや工務店を見つけましょう。各業者では建物に対するコンセプトがあり、得意な分野も異なります。同じ予算でも依頼先が異なれば、雰囲気の違う家になることもあり得るのです。依頼主の理想にできるだけ近い家づくりをしてくれる業者を探しましょう。

さらに、充分な地盤調査をした磐石な地盤に建てられていることが必要です。土地選びからはじめるのは時間と手間がかかりますが、一任できる業者に依頼すれば安心でしょう。そして、ハウスメーカーや工務店が建てる注文住宅の耐震等級について、あらかじめ調べておくことが必要です。

建築基準法と同程度の強度を持つ1級、その1.25倍の2級、さらに1.5倍の3級があります。この等級は業者が勝手に決めるのではなく、第三者機関が調査をしたうえで評価したものです。等級が高ければ、その分だけ構造の優位性が認められるのですから、必ず確認しておきましょう。

さらに家はその形状によって強度が変わります。中でもL型や凸型、凹型の家は、正方形に比べて耐震性能が低い傾向があるので注意が必要です。そして、耐震性能だけでなく快適な生活空間にするためには、プランニングの段階で充分な時間を取って検討することが必要になります。

もし業者選びで迷うようなことがあれば、苫小牧で営業している業者を対象にした口コミサイトの評価を参考にするのがおすすめです。実際に苫小牧で注文住宅を建てた人の意見を知ることができるでしょう。

 

耐震工法や制震工法、免震工法による家は地震の揺れに強い家です。さらに、そのような家は1級から3級に分けられ、耐震性能の目安となります。これから注文住宅を検討する人は、これらを参考にするのがよいでしょう。もし業者選びで迷ったら口コミサイトの評価を参考にするのが得策です。

注文住宅メーカー・工務店ランキング

商品画像1
2
3
4
5
6
7
8
商品名住研ハウス株式会社株式会社渡辺工務店ミライホーム株式会社株式会社ロゴスホーム大鎮キムラ建設株式会社アイビーホーム株式会社コスモ建設株式会社株式会社ecoaハウス
特徴標準仕様でグレードの高い高性能設備が選べる全国のパパ・ママの声を集めた家づくり子育て世代に優しい家ライフステージに合わせた家づくりを提案してくれる北海道ならではの気候や土地柄を考慮した家づくりを提案ローコストで無理なく建てられる自社大工による職人の建てる家プロの大工集団によるハイクオリティな建設・施工全国工務店グランプリで日本一を獲得した三ツ星工務店
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧